クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカードの種類カードブランド(国際ブランド)による違い>VISAとMasterとJCBの違い

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は3%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。
3位:dカードGOLD
ドコモユーザーが圧倒的にお得なクレジットカード。年会費も余裕でペイ。

VISAとMasterCard、JCB、アメックス、ダイナースの違い

クレジットカードを始めて作ろうと考えている方に多い質問がこの「VISA(ビザ)」「MasterCard(マスターカード)」「JCB(ジェーシービー)」といったクレジットカード券面に印刷されているロゴによって何が違うのか?ということではないでしょうか?ここではこれらのカードブランド【国際ブランド】」によって何が違うのか?また、それぞれの特徴は何か?というところを説明していきます。

 



それぞれで「利用できるお店」が違う

VISAとMasterとJCBなどでまずは利用できるお店が違います。
日本国内での利用において基本的にクレジットカードが使えるというお店ではほとんどのカードブランドが使えるようになっていますが、中には「うちはJCBは使えません」とか逆に「うちはJCBしか使えません」というお店があります。

これはクレジットカードを利用できる加盟店がそれぞれ別個に契約しているからです。

クレジットカードをお店が利用できるようにするにはカードブランドの「加盟店」となる必要があります。世界にはVISAとMasterCard、JCB、アメックス、ダイナースというように主要な5つのブランドがあるわけで、お店はこれらの中から1社以上を選んで加盟店となるわけです。
なお、1社だけでなく、複数のカードブランドと契約することももちろん可能です。

ちなみに、実際の営業自体は国際ブランドと提携したカード会社が行うのが一般的です。

 

VisaカードとMasterCardはほぼ一体。JCBとアメックスも一体

営業体制によってVisaカードとMasterCardはカード会社が加盟店募集の営業を兼任している状況で国内・海外ともに加盟店はほぼ同一です。
Visaカードが使えるお店ならMasterカードも使えるという形ですね。

一方のJCBとアメックス(アメリカンエキスプレス)も提携しています。JCBが使えるお店ならアメックスも使えますし、逆に海外でアメックスが使えるところではJCBも使えます。
(お店の人が知らないことも多いですが)

一方のダイナースクラブカードは国内での加盟店数は上記の2ブランド連合と比べると大きく劣ります。

 

加盟店のダブりを考えると上記2連合を持っておけば安心。

国内のでクレジットカード決済の場面です。
「すみません、うちはJCB(Visa)は使えないんですよ」みたいな形でカードがつかえないという状況を回避したいということであればクレジットカードのブランドとして

・VISAかMasterCard
・JCBかアメックス

という上記の組み合わせで1枚ずつをもっておけば、カードブランドのせいでクレジット決済ができなかった。ということにはならないはずです。

 

決済面以外のクレジットカードブランド(国際ブランド)による違い

上記の加盟店といった点以外での国際ブランドを比較していきましょう。

 

JCBの特徴

国産のクレジットカードブランドです。日本国内を考えるとシェアは最も高いと言えるでしょう。海外に弱いと言われていますが、JCBプラザのように海外において助けとなる窓口があります。JCBカードを持っていれば使えるので、海外旅行にもJCBカードは持っていくと安心です。

(クレジットカードとしての特典などについて)
JCBはカードブランドでありながら、JCBカードとしてクレジットカードの発行も行っています。そのため、JCBブランドによる特典や付加サービス、ポイントサービスなどがあります。

 

VISA

世界最大のクレジットカードブランドです。海外旅行に行くなら一枚は持っておくと安心です。VISA自身ではクレジットカードの発行は行っておらず「三井住友VISAカード」のようにカード会社にライセンスを与える形をとっています。

(クレジットカードとしての特典などについて)一応、VISAの共通サービスというものも「少しは」ありますが、基本的にクレジットカードの発行会社が行うサービスが中心となります。

 

Master(MasterCard)

世界No2のクレジットカードブランドです。日本では、VISA加盟店とMaster加盟店が共通となっているので、あまり違いを感じることはないと思います。Mastも独自にクレジットカードは発行しておらず、カード発行会社にライセンスを与えている形になっています。

(クレジットカードとしての特典などについて)VISAと同様Masterの共通サービスというものも「少しは」ありますが、基本的にクレジットカードの発行会社が行うサービスが中心となります。

 

アメリカン・エキスプレス(アメックス)

日本ではあまりメジャーではなく、お金持ちのカードという印象があるかもしれません。JCBと同様に国際ブランドでありながら、カード発行も行っています。
また、セゾンカードなどの発行会社にもライセンス付与を行っています。

国内での直接の加盟店は少ないですが、JCBと提携しており国内のJCB加盟店ならどこでも使うことができます。カード発行会社としてはT&E(トラベル&エンターテインメント)に優れ、色々な提携サービスなどが利用できます。

 

ダイナースクラブカード

日本国内では最も知名度の低い国際ブランドだと思います。自社カードの発行しか行っていません。また、加盟店も少ないです。 カード発行の要求水準(審査)が厳しく持てる人が少ないというのも大きく影響しているかと思います。

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。