クレジットカード徹底比較電子マネー比較>プリペイド型電子マネーを徹底比較

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。
3位:dカードGOLD
ドコモユーザーが圧倒的にお得なクレジットカード。年会費も余裕でペイ。

プリペイド型電子マネーを徹底比較

プリペイド型電子マネーは、事前に必要額をチャージしておき、そのチャージした範囲内でお買い物ができるタイプの電子マネーとなります。事前チャージなのでクレジットカードのような審査なく利用できる点が魅力です。



プリペイド型電子マネーの特徴

先払い型の電子マネーです。冒頭でも紹介したように、先にチャージするので審査なく利用できるという点が大きいです。

お買い物の際にピッと触れるだけで決済完了となる決済のスピードも魅力です。そのため、プリペイド型電子マネーはコンビニやスーパーのような小売店(流通系)での利用を前提としたものが多いです。

  • nanaco(セブンイレブン・イトーヨーカ堂)
  • WAON(イオン系)
  • 楽天Edy

こちらの3種類がプリペイド型電子マネーの代表格です。ちなみに、交通系ICカード(Suicaなど)も広義にはプリペイド型電子マネーとなりますが、あくまでも乗車券としての利用が前提ですので、こちらではなく「交通系ICカード比較」で紹介しています。

 

プリペイド型電子マネーを比較

  楽天Edy nanaco WAON
運営主体 楽天 セブン&アイHD イオン
入金できる
上限額
5万円 5万円 5万円
ポイント還元 カードや利用店舗により異なる 200円で1ポイント
(1P=1円相当)
200円で1ポイント
(1P=1円相当)
クレジットチャージ
スマホ決済
オートチャージ

こうやって比較すると、実際のところスペック的にな差はありません。むしろほとんど同じです。大きな違いは「使えるお店」ですね。

加盟店の数でいうと楽天Edyが多いです。nanacoやWAONは流通大手(セブンアンドアイとイオン)が主体なのでライバルは導入しづらいですが楽天Edyはもともとが独立系(ソニー系)だったこともあり、幅広い業種やお店で導入されています。

一方でnanacoやWAONはそれぞれのお店での「囲い込み」戦略を行っています。具体的にはnanacoならセブンイレブンで特定商品のボーナスポイントがついたりするわけです。WAONの場合も同様でイオンでのお買い物がお得になります。

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。