クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカードの種類>カードブランド(国際ブランド)による違い

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

カードブランド(国際ブランド)による違い

クレジットカード業界は「JCB」「VISA」「Master」「アメリカンエキスプレス(AMEX)」「ダイナースクラブ」という5つのカードブランドがあります。この5つの会社を「カードブランド(国際ブランド)」といいます。

大抵のカードにはこの5つのいずれかのマークが記載されているはずです。この5つの会社がクレジットカードの決済システムを提供しているのです。

 

これによる違いは、使用できるお店(加盟店)の違いやカードブランドが提供する独自サービスなどに違いがあります。

 



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

5つある国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドというのは世界的にクレジットカード会社として認められたカード会社を指し、世界的なカード決済の担い手となっています。

前述の通り国際ブランドは「JCB」「VISA」「Master」「アメリカンエキスプレス(AMEX)」「ダイナースクラブ」の5社が国際ブランドです。

おそらく、ごく一部のローカルなカードを除き、クレジットカードには上記いずれかのカードブランドのロゴが印刷されているはずです。

>>VISAとMaster、JCB、アメックス、ダイナースの違い

 

国際ブランドとは?

国際ブランドというのは「決済サービスの提供」を行っている会社です。
そして、実際にカードを発行するクレジットカード会社(カード発行体)がいます。

たとえば、「VISA」というのは国際ブランドであり、日本国内ではVISA自身はカードを発行しません。VISAからライセンスを受けた「三井住友VISAカード」などの会社が発行体としてクレジットカードの発行業務や与信管理などを行っているのです。

ちなみに、こまかくいうと三井住友VISAカードのようなカードを管理する会社は「イシュア」「アクワイアラ」といった形で別れるのですが、日本の場合はイシュアとアクワイアラは同一の会社が行っているので「クレジットカード発行会社(カード会社)」という形で呼びます。

ちなみに「JCB」や「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブカード」の3国際ブランドについては自社もクレジットカード発行業務(カード会社)としての業務も行っています。

国際ブランドとカード会社は切り離して考える方が分かりやすいです。

 

国際ブランドによるクレジットカードの特徴

国際ブランドによる違いはあります。

たとえば、JCBは日本発の国際ブランドです。そのため、日本国内での加盟店数は多く、国内向けのサービスは充実しています。一方でヨーロッパなどの海外では弱めで、海外はJCB加盟店は少なく、場合によっては利用できないといケースもあります。

一方、VISAやMasterCardなどは海外で強みがあります。

AMEX(アメリカンエキスプレス)はT&E(トラベルアンドエンターテインメント)カードとして知られており、旅行やエンタメ関連のサービスに強身があると言われています。海外旅行に行かないという方はJCBだけでもいいですが、海外にも行くという方はJCBだけでなく、VISAのカードも持っておくと便利です。

また、海外旅行に行く時などは一枚のカードブランド(国際ブランド)だけなく、複数のカードブランドを持っておくと何かあったときに便利です。

 

>>クレジットカードの種類のページに戻る

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。