クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカードと審査>勤続年数

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

クレジットカード差審査において勤続年数は重要な項目

勤続年数は同じ企業に何年間つとめているかを審査する項目です。この項目はクレジットカードの審査において比較的重要な項目でカード審査における「返済能力」「返済資質」の両方を測る項目であるといわれています。通常は最低1年以上を基準としていますが、学生の場合や新卒社員を対象としたクレジットカードなどはあまり重視されません。

一般の感覚から考えるとそんなに大切な指標とは思えないかもしれませんが、ローン系の審査において勤続年数は実はかなり重視される指標となっています。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

勤続年数が長いほど有利。短期の場合は審査上厳しい

一般的には1年以上の勤務などが条件とされていますが、自営業の場合は3年以上などというようにしているカード会社もあります。基本的に長いほど有利になります。それは、勤続年数が長い人ほど会社を辞めにくいという点があるからです。

クレジットカード会社の審査は「今いくら稼いでいるか?」よりも「今後長期にわたり安定してカード利用代金を支払えるか?」が重要視されるからです。たとえば、年収は高いけど職を転々としている人よりも年収はそこそこでも長期間同じ会社に勤めている人の方が安定していると考えられるからです。

クレジット審査においては思った以上に重視されている項目のようで、たとえ一流企業であっても勤続年数が1年未満というようなケースでは審査で厳しく評価されることも少なくないようです。

 

新入社員の1年未満は厳しく評価

一般的に新社会人は1年以内に辞めてしまう人も多いという統計から1年未満のカード発行は厳しいという話もあります。絶対だめというわけではありませんが、厳しく評価されるケースが多いです。
私の知り合いで東証1部の超大手企業に新入社員で入った人が、某紳士服のクレジットカード審査に落ちたということもあるようですので、新入社員のクレジットカード発行は厳しいかもしれません。そういう場合、1年経てばあっさり審査OKというケースが多いので気長に待ちましょう。

ちなみに、その審査に落ちた人は入社2年目で銀行系のゴールドカードの審査に通ったので、勤続年数って大切なんだなぁ、と思っておきましょう。

 

勤続年数は審査への影響が大きいので転職・独立を考えている人は早めに

勤続年数はカード審査の中でも結構重要です。
そのため、近々で転職や独立などを考えている人は、今の会社を辞める前にカードを作っておくというのは有効な方法です。

特に、独立の場合は金融業者からの信用度という面では一気に落ちてしまいますので、気を付けてください。(それだけサラリーマンは高評価されるということですが)

ノマドやフリーランスといった働き方も近年注目されていますが、ローン・クレジットの与信という面では厳しく評価されます。

 

自営業や経営者の場合は営業年数が重視

なお、雇われている方ではなく、自分で経営をしている自営業や中小企業の経営者の場合は独立から期間が短い場合は倒産する可能性(リスク)が高いという統計データから勤務年数というよりも会社(事業)の継続年数が重視されていると考えられます。

 

>>クレジットカードの審査トップに戻る

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。