クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカード申込の方法>クレジットカードの申し込みと限度額

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

クレジットカードの申し込みと限度額

クレジットカードを申し込みをすると限度枠(限度額)が決められます。これは与信枠・初期与信などとも呼ばれ、クレジットカードで毎月利用することができる限度額となります。この枠のことをショッピング枠やキャッシング枠ということもあります。

ここでは、クレジットカードにおける限度額の説明と、ショッピング枠、キャッシング枠について分かりやすくまとめていきます。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

クレジットカードの限度額(限度枠)の決まり方

クレジットカードに申し込みをすると、カード会社側が「限度額は○○万円」という形で利用することができる枠を決めてきます。

これを「初期与信」といいます。これはクレジットカード審査によって様々な条件などをもとにくじレットカード会社が決めた金額です。

同じクレジットカードでもこの限度額は人によって異なります。この枠はカード審査の項目などで安全性が高いと判断されれば多くの限度額が設定されますし、安全性が低いと判断されると小さくなります。

ですから、たとえば同じJCBカードであっても限度額が10万円の人ともいれば、30万円という人も出ることになります。
ちなみに、この限度額を「ショッピング枠」とも呼びます。

ただし、各クレジットカードによって「上限額」は設定されています。一般的にクレジットカードのグレードが高いほどショッピング枠の限度額も大きくなります。
いわゆる一般カードよりもゴールドカードの方が限度額は大きくなります。この点については「一般カードとゴールドカードの違いを比較」もご参照ください。

 

クレジットカードの限度額の変更

クレジットカード限度額については最初に決められた初期与信額がずーっと続くわけではありません。クレジットカードの利用履歴や利用年数といった「クレジットヒストリー(クレヒス)」を積めば自然と限度額は大きくなります。
逆に、延滞や滞納といった問題行動を起こすと限度額は小さくなったり、強制解約となったりします。(参考:クレジットカードの滞納だけは絶対にNG

これを「途上与信(モニタリング)」といいます。

 

一時的な限度額の増額について

また、特別な事情でクレジットカードの限度額を引き上げたいとき、一時的に増額をすることも可能です。これを「一時増額」といいます。
大きな支払いなどをする必要があり、それをカード払いにしたいときはカード会社のデスクに相談すれば一時的な増額も可能です。
ただし、ある程度のクレジットカードの使用実績が無いと利用できないケースが多いです。

 

ショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードの利用限度額は通常「ショッピング枠」と言われますが、それとは別に「キャッシング枠」というものも設定されています。

キャッシング枠というのは、ショッピング枠(利用限度額)の範囲内で商品を購入するのではなく、お金を借りることができる枠というものです。
これはクレジットカードを申し込みするときに希望額を書くことができます。キャッシングを利用するつもりはないという人は希望額を「0万円」としておけばよいです。

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。