クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカードの種類>クレジットクレジットカードのグレードによる分類

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

一般カードとゴールドカードの違いを比較

同じカード会社が発行するクレジットカードであってもカードのグレードによりそのサービスの内容や年会費が異なる場合があります。大きく「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」に分類されます。ここでは、カードのグレードによる分類と基本的な違いを解説します。

 



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

一般カードとゴールドカードの違いとゴールドカードのメリット

クレジットカードのグレードが上昇するとどうなるか?といことですが、基本的には「年会費が高くなります」。じゃあ、その年会費の上昇する代わりに利用者にとってどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

  1. 利用限度額の増加
    クレジットカードのグレードが上昇するほど利用可能額(限度額)が大きくなります。1か月に100万円とかの決済をする予定がある人は、ゴールドカードのようなグレードの高いカードにしておく必要があります。

  2. 保険(付帯保険)の拡充
    クレジットカードには所有者に対して色々な保険が付いていることがあります。ゴールドカードはこうした保険が充実しています。海外旅行傷害保険のように海外旅行の際の保険や一部のゴールドカードなどは犯罪被害見舞金、ゴルフ保険などの保険が付いていることもあります。付帯保険については「こちら」をご参照ください。

  3. 空港ラウンジサービス
    空港内でゆっくりくつろげるラウンジを無料で利用できるようになっていることが多いです。多くは国内空港ですが、一部のゴールドカードなどは海外空港のラウンジが無料で使えることもあります。詳しくは「こちら

  4. サポートデスクなどの充実
    電話でチケットを依頼したりホテルや航空券の予約などができます。プラチナカードのようなハイグレードカードは、まるで秘書のように情報調査やお勧めのお店の紹介、予約なども行ってくれます。プラチナ以上のグレードの場合は「コンシェルジュデスク」と呼ぶ事が多いですね。くわしくは「こちら

ゴールドカード(およびそれ以上のクレジットカード)のメリットをまとめました。年会費は一般カードよりも多く出す必要がありますが、それなりのメリットも用意されています。

こうしたメリットは「よりお金を使う人ほど大きくなる」傾向があります。たとえば、空港ラウンジは飛行機に普段からのる人でないと意味がありません。海外旅行、口内旅行時の付帯保険も旅行などが多くないと意味をなしません。

一方で、こうしたサービスのメリットを多く享受するような行動が多い人にとってはゴールドカードなどの高額な年会費をペイできるだけの価値があるサービスを受けることができます。

 

クレジットカードのグレードとそれぞれの簡単な特徴

クレジットカードには、いくつからのグレード(ランク)が用意されている場合があります。
グレードは「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」といったように上がっていきます(プラチナ以上の設定が無いカードもたくさんあります)

このカードのグレードが上昇するほど「年会費」などの費用も上昇しますが、その分提供されるサービス内容が充実したり、利用限度額が上昇したりします。

 

一般カード

一般カードとはその名前のとおり当該クレジットカードブランドが発行する最も基本的なカード。年会費は無料または年間1000円前後に抑えられています。基本的なサービスは利用可能となっていることが多く、通常利用するのであれば問題なく利用可能です。

 

ゴールドカード

一般カードよりもグレードの高いクレジットカード。年会費は1万円前後であることが多いですが、その分サービスは充実しており、ポイント制度も一般カードよりも多くたまるようになっているケースもあります。また、多くゴールドカードでは空港でのラウンジ無料サービスや付帯保険なども充実しています。
一般カードよりもゴールドカード方が利用可能額(与信額)も大きくなることから、その分のクレジットカード入会時の審査は厳しくなっています。

ただ、近年では「MUFGゴールドカード」に代表されるように、年会費が5000円未満の低年会費のクレジットカード(ゴールドカード)も登場しています。

 

プラチナカード

ゴールドカードよりも高いグレードのクレジットカード。年会費は5万円前後であることが多いです。基本的にユーザーから直接申し込みを行うことはできず、カード会社が優良顧客と判断した場合にインビテーション(招待状)を送り加入することがほとんどです。ゴールドカードよりもさらに充実したサービスが提供されます。一部のカード会社では、プラチナカードを通常発行する会社もあります。

 

ブラックカード

プラチナカードよりもグレードの高いクレジットカード。年会費は15万円前後となっていますが、その分サービスは相当充実しています。デスクと呼ばれる受付サービスでは私設秘書さながらにサポートをしてくれれます。プラチナカードと同様に優良顧客に対してインビテーション(招待)という形で入会する形が一般です。現在日本国内では、アメリカンエキスプレスとダイナースの二社のみが発行しています。

 

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。