クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカードと審査>総与信額(総限度額)

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

総与信額(総限度額)とクレジットカード審査

他社をふくめて、今現在どれだけクレジットカード会社からクレジットカードの限度額があるかの審査です。年収を大幅にこえる限度額が他社を含めたクレジットカードよりなされている場合はカード審査に悪影響を与えたり、発行された場合も限度額が低くなったりします。

使っていないカードを沢山もっているような場合には、カードを解約するなどして総与信額(総限度額)を小さくすれば改善します。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

総与信額が審査自体に影響することは少ないが

クレジットカード会社はCICという個人信用情報機関に加盟しています。ここでは、カード申込者の過去の支払い履歴などを見ることができるのですが、これにより今現在申込者に対してどれだけの与信(カードの限度額の合計)がかけられているのかを知ることができます。

たとえば、年収が400万円で、保有する5枚のクレジットカードの限度額が400万円だったりすると明らかに与信額が過剰といえるでしょう。こういった場合、クレジットカード会社はカードの発行を見送ったり、限度額を引き下げての発行となる場合があります。

こうした場合の対策としては「クレジットカードのリストラ」を敢行しましょう。今使っていないクレジットカードで年会費無料だから作ったというカードはありませんか?こうしたクレジットカードを持っているのであれば片っ端から解約していきましょう。

また、使っていないカードが多いのは色々と問題も生じます。使っていないカードを解約するメリットについては「使ってないクレジットカードは解約する」も御覧ください。

 

総与信額(総限度額)はクレジットカード以外の審査にも影響する

なお、クレジットカードの与信枠はカードローンや住宅ローンといった与信枠に対しても影響します。近々に住宅ローンなどの利用を考えている方はあまりに沢山カードの申し込みをするのは住宅ローンの審査にも影響することがありますのでご注意ください。

 

>>クレジットカードの審査トップに戻る

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。