クレジットカード徹底比較クレジットカード選びの基礎知識クレジットカードの種類>プロパーカード・提携カードの違い

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

プロパーカード・提携カードの違い

クレジットカードにはプロパーカードと提携カードというものがあります。プロパーカードはそのカード発行会社が独自で発行するもの、提携カードは別の会社と組んで発行しているものです。プロパーの長所は「上位カード」の存在、提携カードは提携会社の有利な特典を受けられるケースが多いです。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

プロパーカードと提携カード

プロパーカードというのはカードを発行している会社が自社のカードとして発行しているもの。
一方の提携カードというのはどこかのカード発行会社と別の企業が提携してその企業のクレジットカードを発行しているものとなります。

たとえば、有名な「ANAカード」を例にとりましょう。
こちら「ANA(全日空)」「のクレジットカードなのですが、カードの発行自体をANAが行っているわけではありません。

ANAカード(JCB)の場合、JCBが発行を、ANAカード(VISA)の場合は三井住友カードがそれぞれ発行業務を行っています。ちなみにこのカード会社というのは国際ブランドではなくカードを発行・管理している会社です。JCBは国際ブランドでありながら、発行会社でもあるのでちょっとわかりにくくなりますね。

つまり、ANAカードというのは、JCBカードや三井住友カードという発行会社の提携カードという形になるわけです。

 

プロパーカードと提携カードはどっちがお得なの?

どちらがお得ということはありませんが、提携カードはそれぞれの提携企業での利用において大きなサービス・特典が付いているケースが多いです。
下記は一例です。

提携カードのメリット

ANAカード
ANAカードの利用でANAのマイルが貯まる。ショッピングでためたカードのポイントをANAマイルに帰る時の交換レートも優遇。飛行機搭乗でボーナスマイル

MIカード
三越や伊勢丹などの百貨店で利用した場合、購入代金の5〜10%の割引が利用できる。還元率が非常に高いというのが特徴。それ以外での利用は0.5%程度の還元率と低め。

エネオスカード
エネオス(ガソリンスタンド)での利用でガソリン代の値引きサービスが使える。もちろん、ポイントも貯まる。

こんな感じで、提携企業に関するいろいろな付加価値があるのがメリットです。じゃあ、一方のプロパーカードのメリットは何でしょうか?

 

プロパーカードのメリット

プロパーカードの強みは、豊富なカードのグレードが一つ挙げられます。たとえば、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードといったようにグレードがたくさんあること。
また、カード会社のコンシェルジュサービスなどが使えるというのも魅力です(特定グレード以上のカード会員の場合)。

クレジットカードのステータス性などを求めるというのであれば、プロパーカード1択でしょう。特にゴールドカード以上のハイグレードカードが用意されているところを選ぶとよいでしょう。

>>クレジットカードの種類のページに戻る

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム



管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。