クレジットカード徹底比較航空マイレージ徹底活用マイレージサービスの基礎知識>飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」とは

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」とは

ANAやJALのマイルは飛行機に乗ることで貯まるものですが、飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを「陸マイラー」と言います。主にクレジットカードやポイントサイトなどを活用して、飛行機に乗らずマイルを貯めて、そのマイルで旅行するというスタイルです。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

陸マイラーがマイルを貯める方法

基本的には「クレジットカードのポイント」が挙げられます。
たとえば「ANAカード」「ANAソラチカカード」などを利用すれば、クレジットカード利用額のおよそ1%相当のマイルを貯めることができます。(JALの場合も「JALカード」でほぼ同様)

仮に年間に200万円の決済をする人なら2万マイルほどを貯めることができる計算になるわけです。ANA、JALともに特典航空券(無料航空券)は1万マイルちょっとから使える区間が出てきますので、クレジットカードを使うだけでもタダで飛行機に乗ることは可能になるわけです。

クレジットカード以外も、ANAやJALのマイルなどは色々なポイントから交換することができます。たとえば、日本を代表するポイントプログラムである「Tポイント」をマイルに交換することもできます。

Tポイントは加盟店も多く、様々な場所で貯めることができますが、そうして貯めたTポイントもマイルにすることができます。

このようにして、様々な日常生活の場面でマイルを貯めることはできます。
陸マイラーとしてマイルを貯めるためにはどうすれば効率的にマイルを貯めることができる生活を送れるかを考えることが大切になってきます。

 

陸マイラーにとっては厳しい制度改正が進む

2000年台のタイミングは陸マイラーにとっても良い時代でした。様々なポイントサイトがあり、それらを活用することでマイルをためやすいという状況がありました。

しかしながら、2010年以降はクレジットカード会社のポイントと航空会社のマイル交換に関する改悪が進んでいます。クレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換する時の手数料の設定などは陸マイラーにとっての大きなコスト増です。

 

無理して陸マイラーになるよりも普通にポイントを貯める方がお得かも。

陸マイラーとしてマイルを貯めて使うというのは、正直言って面倒なことも多いです。「マイルを貯めるのに向いている人」でも説明していますが、実際にマイルを有効活用するためには飛行機に乗る人だったりします。飛行機にはほとんど乗る機会が無いのに、陸マイラーになってマイルを貯めて海外旅行というのは意外と難しかったりします。

無理して陸マイラーになるよりも、別のポイント還元率が高いクレジットカードを使って、日々の生活でポイントを貯めるという方が効率的でお得というケースもあり得ますので、これから陸マイラーとなって航空会社のマイルを貯めようという方は、ご注意くださいませ。

 

ANAマイルを貯めたい方必見のテクニック

ANAマイルをためるのはクレジットカード利用じゃない。ポイント交換を駆使して、年間20万マイル以上を無料で貯める方法

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。