クレジットカード徹底比較クレジットカードポイント活用ガイド代表的なポイントプログラムの種類と特徴>Rポイント

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

楽天ポイント(Rポイント)の活用法、上手に貯めるテクニック

Tポイントに対抗して楽天が2014年10月に開始したポイントサービスです。もともとショッピングモールとして強い経済圏を持っている「楽天ポイント(楽天スーパーポイント)」が地盤として存在している上でのリアル展開となっています。出光、サークルK・サンクス、ミスタードーナツなどが参加・参加予定となっています。

ちなみに、スタート当初は「Rポイント」という名称でサービスを行っていましたが、すぐに「楽天ポイント」と名称を変更しました。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

楽天スーパーポイントがリアルのお買い物でも貯まる

「楽天経済圏」という言葉が楽天で使われている通り、楽天のポイントはかなり幅広く使われています。たとえば、「楽天市場」を中心として「楽天カード」「楽天銀行」「楽天証券」など様々な形で楽天のポイントが使われています。

最近では電子マネーの「Edy」も楽天傘下となりました。

そして、2014年10月に始まった新しい共通ポイントサービスが「Rポイント(楽天ポイント)」です。楽天のポイントを街でも使えるようにするというのがコンセプトです。

なおRポイントというポイントがあるのではなく、ポイント自体は「楽天スーパーポイント」という楽天の基本ポイントとなります。

Rポイントカードというカードをリアルのお店で提示することで楽天スーパーポイントが貯まる、使えるという仕組みになっています。

 

楽天カードで貯めたポイントがお店でも使える

これまで、楽天のポイント(楽天スーパーポイント)は楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスといったオンラインモール、ECでしか利用することができませんでした。

しかしながら、Rポイントとして楽天スーパーポイントが貯まる(使える)ようになることで、リアルでも貯めたポイントを使うことができるようになります。

楽天カードは通常1%のポイント還元率がある還元率が高めのカードなので、楽天スーパーポイントの使い勝手が向上するのはより使いやすいポイントになります。

 

Rポイント(楽天ポイント)を上手に貯めるには?

基本的には楽天市場の利用で貯まります。また、加盟店でRポイントカードを提示することでも貯まります。楽天スーパーポイントをより沢山貯めるなら、同社が発行する「楽天カード」を使うことでより効率的に貯まります。

また、楽天グループのサービス、「楽天銀行」「楽天証券」などの利用でもポイントが貯まるようになっています。それぞれの銀行、証券会社ともにネットバンク、ネット証券として安い手数料や高い預金金利などが支持されています。

参考1:楽天銀行のサービス、口コミ・評判
参考2:楽天証券の手数料、サービス内容

 

 

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。