クレジットカード徹底比較クレジットカードポイント活用ガイドポイントでクレジットカードを選ぶときのポイント>クレジットカードのポイント価値は利用方法で変わる

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

クレジットカードのポイント価値は利用方法で変わる

ポイントは貯めるのが目的ではありません。貯めたポイントをどう使うのかが重要なってきます。貯めたポイントを最大限活用するには、クレジットカード選びの段階から貯めたポイントをどう利用するのかということをあらかじめ考えておくとより効率的にポイントを活用できます。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

ポイントの価値はどう貯めるかでなくどう使うかで変わる

ポイントの価値というものは、カードによってはその使用方法で変わってくることがあります。

クレジットカードのポイントプログラムはそれぞれのカード会社が提携しているサービスなどに交換することもでき、そういた場合は商品券などの金券と交換するよりもはるかに高いポイント価値となるケースもあるからです。

たとえば、1000円で1ポイント貯まるカードがあるとします。貯めた1ポイントをギフトカードに交換した場合は1ポイント5円だとします。これだとポイント還元率は0.5%となります。
しかし、このポイントを1ポイントにつきANAのマイル10マイルと交換することができるとしたらどうでしょうか?

ANAのマイルの価値は直接現金にはできませんが、「マイルの価値」によると、控えめで1マイル2円程度と試算されています。ということは1ポイントの価値は20円となり、ポイント還元率は0.5%から2%と4倍に上昇します。

このように特定のクレジットカードでは、優遇されたポイントの利用方法があるケースもあります。こうした点もある程度考慮する必要があります。

特に、代表的なものとして下記のようなサービスのカードがあります。

・ガソリン系のカード→ガソリンスタンドでの割引率が高い
・航空会社系のカード→航空会社のマイルへの交換レートが有利
・百貨店系のカード→自社百貨店の割引率が高い

上記のようにカードによっては、利用方法などによってポイントや特典の価値が大きく変わるケースもあります。ポイント還元率は確かに重要ですが、それ以外の利用者ひとりひとりの生活のスタイルなどによってもお得なカードというのは変わってくるわけです。

 

その一方で使わないサービスの価値は低い

マイルの価値のところでも述べましたが、マイルの価値は1マイル2円程度ということで良いとしても、そもそも飛行機に乗らない人にとってマイルの価値はありません。
そういう人にとっての1マイルは、1円(電子マネー交換)と同じくらいの価値しかないわけです。

同じように「ポイント還元率の高いクレジットカード」で紹介している「リクルートカード」や「楽天カード」にしてもそれぞれの1ポイントは1円として使えますが、それぞれ「リクルート内のサービス」「楽天内のサービス」でしか使うことはできません。

これらのサービスを使わない人であれば価値は著しく低いといえます。ポイント還元率は確かに大切ですが、カードのポイント価値は利用方法によっても違うということを抑えておく必要があります。

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。