クレジットカード徹底比較航空マイレージ徹底活用>1マイルの価値はいくら? 航空会社のマイルの価格

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

1マイルの価値はいくら? 航空会社のマイルの価格

ここでは、ANAとJALが提供しているマイレージプログラムについてそれぞれのマイレージサービスを徹底比較していきます。航空会社は寡占状態ですのでそれぞれのサービスに大きな違いはありませんが、それぞれ少しずつ違っています。ここでは、それらの違いを基にして、ANAとJALのどちらがあなたに向いているのかを比較していきます。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

使用方法によってマイルの価値は変わる。

まず、大前提はこちらです。

使用方法によってマイルの価値は変わる。

ということです。どういうことかというとマイルの価値はその使用方法(交換方法)によって実質的な価値が異なります。そのため、1マイル当たりの価値はいくらなのか?ということはその使用用途によって全然変わってくることになるわけです。

 

現金(現金同等物)と交換する場合の価値は1マイル1円

例えば、ANAやJALのマイルは電子マネーなどの現金同等物と交換することができます。この時の交換レートは「1マイル=1円」となります。

この交換水準は最も「低レート」です。つまり最低の交換レート(価値)は1マイル1円ということになるわけです。(マイルを発行する航空会社にとってもマイルが別の形となって社外に流出してはポイントの意味が少ないですからどうしてもレートは低くなります)

ANAマイルの場合
・iTunes
・Tポイント
・楽天ポイント
・Suica など

JALマイルの場合
・WAON
・Amazonギフト券(1万マイル10,500円相当)
・dポイント など

 

商品と交換する場合の価値は1マイル1円を下回るケースも

ANAセレクションやJALとっておきの逸品といったようにANAやJALのマイルを商品と交換することができます。オリジナル商品や食品(肉など)といったように実質的な価値の評価がしにくい商品も多いですが、電化製品などでAmazonや楽天などで安く購入できるお店と比較すると1マイルあたりの価値が1円を大きく下回るアイテムも多くありました。

あまりおすすめの方法とは言えそうになりません。

 

航空マイルをクーポン券と交換する場合。 価値は1マイル1.2円〜1.25円

航空マイルを航空会社の飛行機代やパッケージツアーなどの代金に充当することができるクーポン券などと交換した場合の価値です。
ANAの場合は「ANAスカイコイン」、JALの場合は「JAKクーポン」があります。現金同等物と比較するとややレートが上がっています。

ANAスカイコイン
1万マイル未満:1マイル=1円相当のスカイコイン
1万マイル〜2万マイル未満:1マイル=1.2円相当のスカイコイン
2万マイル〜3万マイル未満:1マイル=1.3円相当のスカイコイン
3万マイル以上:1マイル=1.5円相当のスカイコイン
※ANAカード会員(クレジットカード)の場合

JALクーポン
1万マイル:12000円相当のJALクーポン(2000円券×6枚)

こうした航空会社のクーポンは航空券の料金に充てることができますし、さらにパッケージツアーなどでホテルの予約などにも利用できます。次に説明する特典航空券よりも使い勝手が良いというのが特徴です。

 

特典航空券へと交換。マイルの価値は区間等によっても異なるが1マイル2〜10円

この「特典航空券(飛行機タダ券)」への交換が航空マイル利用の真骨頂ともいえます。

正規料金(飛行機の通常料金)で換算すると1マイル当たりの価値は5円近くになりますが、多くの方は飛行機に乗る時は割引を使うことが多いかと思います。

もともと、特典航空券は予約がシビア(しばらく前から予約をしておく必要があるなど)なので、旅割(ANA)や先得(JAL)といった事前予約と比較するのが筋とえいます。

 

国内線の場合

まず、正規料金(往復料金)や特割(ANA)のようにいつでも予約できるプランと比較する場合と旅割55(55日以上前の予約)のように事前予約が必要な航空券と比較するかで大きく変わってきます。

正規料金との比較であれば1マイル当たりの価値は5円近い水準になります。一方で旅割55などと比較すると1マイル当たりの価値は1.2円くらいから2円オーバーくらいの水準です(特にローシーズンの旅割55などはかなり格安で利用できるのでマイルの価値も小さくなります)。

単純に1マイルの価値を考えると2円くらいと考えると概ね妥当と思えるはずです。

 

国際線の場合

国際線は「エコノミークラス」「ビジネスクラス」「ファーストクラス」と3つのグレードに分かれています。特に、割引プランが少ないビジネスクラスやファーストクラスといった上位席の場合、相対的に必要マイル数が少ないため、非常にお得感がアップします。

エコノミークラスの場合は1マイル当たりの価値は割安プランと比較すれば3円程度になりますが、ビジネスクラスだと5円以上、ファーストクラスになれば10円以上(150万円もするファーストクラスの航空券はマイルで交換すると15万マイルほど)の価値が出てきます。

 

マイルの交換先ごとの価値の一覧表

以下、当ページで資産したマイルの交換先ごとのマイル価値のリストです。

交換先 1マイル当たりの価値
商品との交換(ANAセレクション等) 0.5円〜1.1円程度
電子マネーとの交換 ほぼ1円
航空会社のクーポン券や電子マネーと交換 1円〜1.5円程度
特典航空券との交換(国内線) 1.5円〜5円程度
特典航空券との交換(国際線) 3円〜10円以上

 

まとめ。基本的にマイルは「飛行機に乗る人」が貯めるもの

というわけで、航空マイルの価値は1マイル当たり、1円〜3円程度。基本的に、飛行機に良く乗る人ほどそのマイルの価値を高くすることができることになります。

そのため、クレジットカードを中心でマイルを貯める人は「本当に自分は飛行機に乗るのか?」ということも考える必要があります。

次は「ANAやJALのマイルを貯めることに向く人、向かない人」です。

 

ANAマイルを貯めたい方必見のテクニック

ANAマイルをためるのはクレジットカード利用じゃない。ポイント交換を駆使して、年間20万マイル以上を無料で貯める方法

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。