クレジットカード徹底比較>法人向けクレジットカード(法人カード)の選び方

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

事業用クレジットカード(法人カード・ビジネスカード)の選び方

クレジットカードというと、個人のものと思っている方も多いかもしれません。ところが、法人(個人事業主)であってもビジネス用のクレジットカードというものを作成することができます。「経理事務」というものが発生する法人だからこそ、クレジットカードは強い味方になります。

また、法人利用であっても「ポイント」は貯まりますので、経費等で利用の多い法人こそクレジットカードを活用するとお得です。

 

ここでは、法人用のクレジットカード(法人カード・ビジネスカード)について、その長所や短所、審査、活用方法、具体的なお勧めクレジットカードまでを分かりやすく紹介していきます。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

法人カードの仕組み

法人カードは「法人(会社)」に対して発行されるクレジットカードとなります。ビジネスカードやコーポレートカードなどとも呼ばれます。与信主体は「法人(会社)」となりますが、発行されるカードは申請した個人単位(社長個人名など)で発行されます。

クレジットカードを使うのはそれぞれの個人となりますが、その代金を支払うのは会社の銀行口座となります。

ちなみに、クレジットカードによっては年会費は会社が負担するが実際の支払いは社員個人が行うというタイプのカードもあります。これはどちらかというと福利厚生の一環で発行されるカードです。

 

法人カードのメリット、デメリット

法人カードのメリットは、専用カードを使うことで公私の区別がはっきりできる。会社としての経費が明細として上がってくるので経理事務などが楽。わずかですが、資金繰りに余裕ができるという点がメリットです。一方のデメリットとしてはカード特典は個人カードよりも悪い、審査が厳しいなどの点が挙げられます。それでは、法人カードのメリット、デメリットをより詳しく見ていきましょう。
>>法人カードのメリット、デメリット

 

法人カードの審査を通過するためのポイント

法人向けのクレジットカードの審査は、与信対象が「法人(会社)」となります。法人と個人とを比較するとどちらが回収不能になりやすいかというと「法人」の方がリスクが高いです。そのため、法人カードの審査については個人カードよりも厳しいです。
>>法人カードの審査

 

法人カードのお勧めクレジットカードはどれ?

法人カードとして利用する場合、お勧めのカードはどれなのでしょうか?選ぶポイントとしては「年会費」「ポイント等の特典」「ビジネス向けの付帯サービス」などが中心になってくるかと思います。管理人が厳選したおすすめの法人カードを紹介していきます。
>>法人カードのお勧めクレジットカードはどれ?

 

個人のクレジットカードを会社の経費決済に使ってはダメなの?

法人カードっていうけれども、個人用に発行されたクレジットカードを事業資金の決済等に使ってはダメなのでしょうか?結論から言うとダメというわけではないけれども経理処理が煩雑になるのと、カードによっては警告を受ける場合があります。
>>個人のクレジットカードを経費決済に使ってはダメなの?

 

法人カード・ビジネスカードの一覧

JCB法人カード
三井住友VISA法人カード・ビジネスカード
アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード

 

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。