クレジットカード徹底比較おすすめのクレジットカード一覧>SBIカード

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

米ドル決済と投資信託投資におすすめ?SBIカード

SBIグループのクレジットカードです。キャッシュバック系の有力クレジットカードでしたが、2015年10月にポイントプログラムならびに年会費の改悪で、使うとお得なクレジットカードという座からは転落しています。

その一方で独自のサービスとしての「米ドル決済」や「SBI証券の投資信託投資で貯まるポイントの交換レートアップ」といった特典が残されています。ニッチな特典のように思いますが、使っている人にとってはかなり魅力的なサービスとなります。

 

SBIカード
SBIカード公式ホームページ



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

SBIカードの「米ドル決済」

SBIカードは、振替先銀行を「住信SBIネット銀行」にしている場合に限りますが、海外旅行などで「米ドル決済」をした時、住信SBIネット銀行の「外貨預金口座(米ドル)」から引き落としをしてくれるサービスを行っています。

住信SBIネット銀行の外貨預金」を見ていただくとわかりますが、住信SBIネット銀行の米ドルの為替手数料はわずか9銭です(1ドルあたり)。ドル円の為替レートは124円【2015年8月5日】なので、率に換算すると0.07%になります。
一方で一般的なクレジットカードの為替手数料は1.63%〜2.0%となっています。

こうみると、圧倒的にSBIカード+住信SBIネット銀行の米ドル決済にお得と言うことになります

 

SBI証券のSBIポイントの交換レートアップ

SBI証券(証券会社)では、投資信託の保有に応じて0.1%〜0.2%のSBIポイントを投資家にプレゼントしています。

このSBIポイントは1ポイント1円になりますが、SBIカード保有者はそのレートが20%アップします。つまり、ポイント還元率が0.12%〜0.24%になるのです。
大したことない金額に見えるかもしれませんが、仮に1000万円の投資信託を保有している場合、年間で4万円も得ができることになります。

なお、投資信託の保有でポイントが貯まる証券会社はいくつかありますが、中でももっともポイント還元率が高くお勧めなのがSBI証券です。
参考:SBI証券の評価、口コミ

 

クレジットカードとしてのスペックはいまひとつ

上記のような特典があるSBIカードですが、クレジットカードの自身のスペックとしてはいま一つです。2015年10月以降はポイント還元率も低下しており魅力度は高くありません。

上記で紹介している2つの特徴的な利用をしないのであれば、積極的に作るメリットはさほど大きくないと思います。

 

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム


管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。