クレジットカード徹底比較クレジットカード用語辞典>た行

た行

た行に関する用語の一覧です。

DCMX

DCMXとは、NTTドコモが2006年5月よりサービスを開始したお財布ケータイ方式のクレジットカード。DCMXとはDo Co Mo Xの略であり、08年現在では、DCMX、DCMX Gold、DCMXminiの3種類が発行されている。
>>「DCMX」について詳しく読む

 

Diners Club

Diners Club(ダイナースクラブ)とは、世界の5大国際ブランドとして知られるクレジットカード会社。1950年にクレジットカード事業を開始した。T&Eカードとして評価が高く、また発行するクレジットカードは全てステイタスの高いクレジットカードとなっている。
>>「Diners Club」について詳しく読む

 

T&Eカード

T&Eカードとは、Travel & Entertainment Cardの略称で、旅行や食事、娯楽などの専用カードのこと。総じて、こうした旅行や食事などに対して魅力的なサービスを提供しているクレジットカードのことをT&Eカードと呼ぶこともある。
>>「T&Eカード」について詳しく読む

 

テラネット

テラネットとは、全国信用情報センターが会員以外のクレジットカード会社などを対象に2000年に新設した個人信用情報機関のこと。テラネット加盟会社は与信対象となる個人の全情連登録情報を参照することができる。
>>「テラネット」について詳しく読む

 

デュアルインターフェースカード

デュアルインターフェースカードとは、クレジットカードとしての機能に加え、電子マネーや鉄道定期券、会員券など複数の機能を1枚のICチップに盛り込む前払い型のカードのことを指す。大日本印刷社が開発したカード。
>>「デュアルインターフェースカード」について詳しく読む

 

定率リボルビング

定率リボルビングとは、毎月の最低支払い義務額(ミニマムペイメント)を前月の占め美における残高の一定割合を元金と1ヶ月の発生利息を加算した金額を支払うという支払い方法。たとえば、定率リボルビング払いで支払い割合が20%の場合、10万円の商品を購入した場合翌月は10×0.2の2万円、翌々月は、残金の8万円の20%で1.6万円を支払うという方法。
>>「定率リボルビング」について詳しく読む

 

定額リボルビング

定額リボルビングとは、クレジットカードなどの支払い方法の一つで、毎月の最低支払額(ミニマムペイメント)を定めておく決済方法で、たとえばミニマムペイメントを2万円としておき、5万円の商品を購入した際、翌月は2万円、翌々月は2万円、その次の月に残りの1万円を支払うというリボ払いの一種。
>>「定額リボルビング」について詳しく読む

 

提携カード

提携カード(ていけいかーど)とは、クレジットカードの発行会社と提携する企業が組んで発行しているクレジットカードのことを指す。対義語は、カード会社のみで発行する「プロパーカード」。多くの場合は提携企業に関する様々な特典が付帯することがほとんどである。
>>「提携カード」について詳しく読む

 

盗難保険(クレジットカード)

クレジットカードにはカードの盗難や紛失などによる不正利用等に対する保険が付帯されている。そのため、カード所有者以外の人が勝手にカードを利用して使ったお金について利用者に請求がされることはない。
>>「盗難保険(クレジットカード)」について詳しく読む

 

途上与信

途上与信(とじょうよしん)とは、クレジットカード会社などが行うカード利用者の管理のこと。途上管理や途上審査、モニタリングなどとも呼ばれることがある。カード利用者のクレジットカードの利用状況や返済状況などをチェックするものです。
>>「途上与信」について詳しく読む

 

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。初めてのカードに。
2位:楽天カード
楽天市場でのお買い物がお得になるクレジットカード。常時1%のポイント還元率。年会費完全無料
3位:VIASOカード
オンラインショッピングでの買い物が多い方におすすめのクレジットカード。年会費無料。

 

 

クレジットカード用語検索

検索






管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。