クレジットカード徹底比較クレジットカードの特典比較付帯保険>国内旅行傷害保険

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。
3位:dカードGOLD
ドコモユーザーが圧倒的にお得なクレジットカード。年会費も余裕でペイ。

国内旅行傷害保険が無料で使えるカード付帯保険

国内旅行時の事故や怪我などの損害に対する保険です。一般的には国内旅行の代金の一部を当該クレジットカードを使って購入している場合に利用することができます。一部のゴールドカードなどは、無条件で旅行傷害保険が付帯することもあります。

 

公共交通機関での移動中やツアー利用中のなどの事故や怪我などを補償してくれる保険です。



国内旅行傷害保険とは

国内旅行傷害保険(こくないりょこうしょうがいほけん)とは、国内旅行中の死亡や傷害などを保証する保険となっています。国内旅行傷害保険の補償内容についてはクレジットカードのグレードにかなり大きく左右されています。

一般的なクレジットカードの場合は死亡時または重度の障害が残った場合のみとなっていることが多く、逆にゴールドカードやプラチナカードなどハイグレードなクレジットカードの中には入院・通院保証などまでついているような充実した保険がついているものもあります。

海外旅行傷害保険」のケースと比べると補償される内容などは異なります。


利用付帯か自動付帯かをチェックしましょう

第1に、一般カード(カードの年会費が2,000円未満、または無料のクレジットカード)の場合多くの場合、国内旅行傷害保険が付いていない、または付いていても利用付帯(カードで旅行代金の一部を支払っている必要がある)となっているものがほとんどです。

対して、ゴールドカード以上のクレジットカードの場合は、国内旅行傷害保険が自動付帯(カードを保有しているだけで自動的に保険に加入していることになっている)ものが多いです。ただし、ゴールドカードといっても必ずしも傷害保険が自動付帯となっているとは限りませんので、保険が重要だとお考えの場合は必ず確認するようにしましょう。
詳しくは「カード付帯保険の自動付帯と利用付帯」のページをご覧下さい

 

国内旅行傷害保険は「自動付帯」がオススメ

国内旅行傷害保険の場合は「自動付帯」のカードが断然オススメです。そりゃあ、自動的についているほうがいいよ。という意見はあると思うのですが、海外旅行傷害保険の場合は多くの場合ツアーを利用したりホテルの宿泊などが絡みますので、カード払いにしやすいという特徴があります。そのため、よほどでなければ海外旅行傷害保険の利用条件を満たしていないということは起こりえません。

ただし、国内旅行傷害保険の場合はどうでしょう。「車で出かけてキャンプに行った。」「近くのテーマパークに行った。」「近場に電車で行った。」こういった小旅行の場合はカードは使っていないというケースも多いでしょう。むしろカードが使える場面が無かったという可能性も大いにあります。

国内旅行傷害保険が「自動付帯」であればこうした際の事故や怪我についても保証される可能性が高くなります。

※カード会社により保険の保障範囲は異なりますので、一度ご確認ください。

 

今月のおすすめクレジットカード

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。