クレジットカード徹底比較航空マイレージ徹底活用>ANAとJALのマイレージ比較

 人気のクレジットカードベスト3 
1位:楽天カード
楽天市場での買い物は4%還元。楽天外でも常時1%のポイント還元率。年会費完全無料。
2位:エポスカード
海外旅行傷害保険が無料で付帯。マイルはもちろん、シダックスやロイヤルホストなどの割引も。
3位:三井住友VISAカード
クレジットカードのド定番ともいえる、三井住友VISAカードのスタンダードカード。実質年会費無料も可能

特典内容で比較 / ANAとJALのマイレージ比較

ここでは、ANAとJALが提供しているマイレージプログラムについてそれぞれのマイレージサービスを徹底比較していきます。航空会社は寡占状態ですのでそれぞれのサービスに大きな違いはありませんが、それぞれ少しずつ違っています。ここでは、それらの違いを基にして、ANAとJALのどちらがあなたに向いているのかを比較していきます。



当サイト人気No1のクレジットカード。スタンダードだからこその高評価

マイレージの利用方法比較

ANAやJALで貯めたマイレージの利用に関する比較についてですが、両者ともそれぞれを意識したサービス内容となっています。これまでは、マイレージの利用は距離・時期の定めなく両社とも一律15000マイルで無料航空券との交換でしたが、近年の変更において、ANA、JAL共に区間・時期による変動マイルでのマイレージサービス利用へと変化しました。

しかしながら、調査の結果、実質上それぞれの航空会社における必要マイル数などに比較すべき差はほとんどありませんでした。

 

特典航空券の予約のしやすさは?

もうひとつ考えたいのは、特典航空券を予約する際、どの程度簡単に予約ができるのかです。私自身はそこまで感じたことはありませんが、知人やインターネット上では、ANAは特典航空券で予約できる席の数が少ないので、特典航空券を予約しづらいという噂があるようです。

しっかりと検証できるものではありませんので、なんともいえませんが、この面は若干JALに軍配があがるようです。

 

特典航空券はどの路線で使う?

もっと大切なのは特典航空券を使う以上は飛行機に乗るわけです。その際、どの路線を使うか?というのも大切です。国内線・国際線を使うにしても、現在お住まいの地域から近くの空港ではANAとJALのどちらの航空会社の路線があるのかを調べておく必要があります。

折角貯めたマイルがあっても航空会社が違って目的地にはいけないというのではお話になりません。国内であればともかく、特に海外旅行での利用(国際線利用)をかんがえているのであれば、事前にしっかり調査しましょう。

 

ANAマイルを貯めたい方必見のテクニック

ANAマイルをためるのはクレジットカード利用じゃない。ポイント交換を駆使して、年間20万マイル以上を無料で貯める方法

 

クレジットカードに対する口コミ大募集

現在利用されているクレジットカードを使ってみても感想や評価などを募集しています。みなさんのクレジットカード選びのためにぜひご協力ください。

>>クレジットカード口コミ投稿フォーム




管理人厳選!お勧めカードランキング

クレジットカードの情報ならお任せ!

クレジットカード徹底比較はクレジットカードの最新情報や話題のネタからカードを正しく、そしてお得に使うための情報をまとめたサイトです。

皆さまのクレジットカードライフの少しでもお役にたてればと思っております。

お問い合わせやご連絡は「こちら」からお願いします。